トップ > 治療ナビ ~よくある症状~
治療ナビ ~よくある症状~

頭・首・肩の痛み

☆主な原因☆

頭、首、肩に出るコリや痛みは、元を正せば姿勢の悪さから生じているものがほとんどです。猫背や長時間のパソコン、頻繁な頬杖などで肩~首の筋肉が固まって血流が悪くなると、すぐに首を寝違えたり、頭痛がしたり、肩が重く回すとゴリゴリ音がするといった症状が出やすくなります。これらを放っておくと、痛み止めを手放せない頭痛体質になってしまったり、手にしびれが生じる等日常生活に支障をきたす可能性もあります。

主な症状: 頭痛(偏頭痛、緊張性頭痛、生理に伴う頭痛、子供の頭痛)、肩こり、首のこり、寝違え、四十肩(五十肩)、頸椎ヘルニア、乗り物酔い、めまい、メニエール病

背中、腰の痛み

☆主な原因☆

背中と腰の痛みのほとんどは、使いすぎから来ています。特に腰は体の要の部分、体を支え、バランスを取っている部位ですが、足を組んだり、体をひねった姿勢で仕事をしたり、頻繁に重いものを持ったりといった日常のちょっとしたクセの積み重ねで疲労が蓄積され、やがてちょっとしたきっかけ(荷物を持ち上げる、ベッドから起き上がるなど)で痛みが生じるようになります。さらに、筋肉がねじれて骨盤のゆがみ、足の長さが左右違う、生理痛がひどくなる、便通が悪くなるなど、思いがけなく症状も引き起こします。

主な症状: 背中のコリ、慢性腰痛、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎すべり症、骨盤のゆがみ、坐骨神経痛、変形性脊椎症、生理痛、便秘 

腕、ひじ、手の痛み

☆主な原因☆

無理のある使い方をしていると、腕やひじ、手の筋肉がねじれたり硬くなって、痛みやしびれなどが生じます。重いフライパンを片手で持つ、頬杖をつく、大量の書き物をするなど、腕や手を酷使していると筋肉に疲労が溜まり、徐々に負荷に耐えられなくなって痛みが生じるようになります。

主な症状: 腱鞘炎、ガングリオン、手根管症候群、ギヨン管症候群、手のしびれ、指にしびれ、ばね指、突き指 

太もも、膝、足の痛み

☆主な原因☆

太もも、膝、足の痛みの原因は、①使い過ぎ、②体重の増加、③加齢、④合わない靴を履いている、などが挙げられます。
加齢は誰もが避けられないことですが、長距離を歩く前と後はしっかりストレッチをする、体重が急激に増えないように気をつける、靴は自分に合ったものを履くなど、対策をきちんとすることで、痛みの軽減・予防が可能です。 

主な症状: 肉離れ、膝の痛み、膝に水が溜まる、前十字靭帯損傷、半月板損傷、
こむら返り(ふくらはぎ~足が攣る)、捻挫、外反母趾、内反小趾、足底筋膜炎、足底腱膜炎

スポーツ・趣味による痛み

☆主な原因☆

プロスポーツ選手はもちろん、部活やクラブに入っている方は、例えば肘にちょっとした痛みがあっても、翌日の練習を休めないことがほとんどです。
小さな痛みや疲労を翌日に持ち越し続けるとやがて野球肘やランナー膝など、そのスポーツ特有の症状に悩まされるようになります。
ウォーミングアップ、クールダウンのストレッチを15~30分ほどかけて念入りに行うと、これらを防ぐことができます。 

主な症状: 野球肩(リトルリーグ肩)、野球肘、投球障害、シンスプリント、スポーツによる腰痛、
脊椎すべり症、ジャンパー膝、半月板損傷、靭帯損傷、テニス膝、ゴルフ肘、外頸骨炎、スポーツによる手首の障害、スポーツによる肩の障害

ページトップへ戻る