トップ > お知らせ一覧 > 「☆産前産後ケア☆」~back number~
「☆産前産後ケア☆」~back number~

2015.04.29 更新

妊娠中は大きなお腹を大切に抱えているため、お体のいたるところに痛みが出やすくなっています。痛みの場所や具合から原因を特定し、お腹に負担をかけない範囲で丁寧に施術いたします。まずはご相談ください。

赤ちゃんと妊婦さんのことを第一に考え、楽な体勢(横向き・上向き・座って)で施術を行います。腰まわりや骨盤まわりの施術には細心の注意を払い施術していきますのでご安心くださいね。

産前産後の状態

産前産後は子宮や内臓が下がり、骨盤輪を維持するための靭帯のゆるみにより骨盤の歪みが生じやすい状態にあります。そのため、この時期に正しい体のケアを行うかどうかで、その後の美容面やその他の体の悩みに大きく影響します。

 

産前ケアの目的

産前は子宮が下がることによる血管の圧迫や、靭帯のゆるみによる骨盤の歪みに
より、早産、逆子、妊娠高血圧症候群、お産の進行妨害などを引き起こします。
子宮を上げることや骨盤周りの筋肉を整えるメンテナンスを行い、きれいな骨盤を
維持していきましょう。

 産後ケアの目的

出産時期は出産のためホルモンにより骨盤が動きやすい状態にあります。この状
態は産後も2か月ほど続き、この時期に骨盤への負荷や間違った矯正を行うと歪み
が生じます。産後は骨盤周りの筋肉のゆるみ骨盤の歪みから、尿失禁、腰痛、便秘などの症状が現れます。産後のセルフケアは緩んだ筋肉をもとの状態に戻すこと、また筋肉のアンバランスな張りを防ぐことをしていきましょう。


産前産後は骨盤が歪みやすくなるだけではありません。ホルモンの影響で精神的に不安定になり、また慣れない育児や寝不足、体の痛みなどで身心ともに非常にデリケートな時期です。

当院では患者さんの体に合わせ適切な施術を行うと共に、簡単にできるセルフケアも伝え産前産後のママさんを応援致します。悩みを抱えず気軽にご相談下さい。

 

ページトップへ戻る